クラシックバレエのタイツにはコンバーチブルタイツ(穴あきタイツ)やフータータイツ(穴がない普通のタイツ)レギンスやトレンカタイプなど様々なタイプがありますが、通常レッスンや発表会で使われるタイツは穴あきタイツと穴のない普通のタイツが一般的です。



穴あきタイツとは、足裏の土踏まずに(メーカーによってはもう少し前もあり)穴が開いているタイツの事です。
トウシューズを履いて踊るバレリーナは、子供もプロも軽やかに踊っているように見えますが、足指の怪我やマメ、爪の変色やはがれなど、足指周辺の痛みがつきものです。

バレエタイツを履いてレオタードや衣裳を着ると、足指に絆創膏を1枚貼るにしても全部脱がないと貼れません。
穴あきタイツがあれば、めくるだけで足指が現れるのでケアが簡単にできます。




このため穴あきタイツはトウシューズを履き始める小学校3〜4年生くらいのお子様から着用することが多いです。
値段も穴をかがるなどの処理の為、穴あきタイツの方が高い場合が多いので、ちいさなお子様はフータータイツで十分です。

でもクロスタイプのバレエシューズと同じく、穴あきタイツを履いているお友達やお姉さんを見て憧れるお子様も多いようです。

またバレエスクールによっては、レッスン中に足指を出して床を押したり小さなスーパーボールをつかんだりして、足指トレーニングを行う教室もあり、幼児クラスから穴あきタイツが指定のスクールもあります。

逆にあまりありませんが、子供には穴あきタイツ禁止のスクールもありますので、入学されるバレエスクールの規定を聞いて購入するようにしてください。

他のコンテンツは スマホの方はこのまま下にスクロールしていっていただくとカレンダーの上にいろいろあります♪
↓興味のある記事がありましたらご覧ください♪
各種舞台メイクのしかた
バレエシューズって洗えるの?
バレエシューズ スプリットソールとフルソールの違い
バレエぺったんこシニヨンの結い方