基本のウエア
・レオタード
・ピンクのバレエタイツ
・バレエシューズ

3点です。


レオタード
バレエ教室によって指定レオタードがあるところもあり、指定がなくても、ハードチュールのかたいスカートやボリュームのありすぎるスカートは控え、シンプルなものをと言われる先生や、スカートがついていないものを選んでくださいと言われる先生もいらっしゃいます。
逆に、喜んでレッスンに来てくれるのが一番なので、何でもOKですよとおっしゃられる先生のお教室もありますので、入学される教室の指定をしっかり確認しましょう。


↑スカートが短めの1枚でシンプルなレオタードは、どこのお教室でも合いやすく間違いない1枚です。
↓衣裳のようなレオタードがOKの教室もたくさんあります。購入される前に先生に確認しましょう。先生の方から特に何も言われなかった場合はお子様が着たいものでOKでしょう。


ピンクのバレエタイツ
バレエといえば白いタイツというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、ほとんどピンクのタイツが白に見えているものだと思います。こちらも、ピンク、白、穴あき、穴なしなど、教室の指定を確認し購入してください。
ちなみに当店では白タイツの需要がありませんので、ピンクタイツの取り扱いしかございません。
☆穴あき/穴なしタイツってなに?のページはこちら☆

バレエシューズ

お子様の使うシューズにはそんなに種類はありませんので、大きすぎず小さすぎないサイズを選ぶ程度でOKです。バレエシューズにもフルソールとスプリットソールというソールの違いがありますので、初心者お子様にはフルソールがおすすめです。バレエシューズは入会時にスクール指定のものを買う教室も多いので、確認してください。
☆フルソールとスプリットソールの違いってなに?☆
☆バレエシューズって洗えるの?☆

その他にいるもの
ヘア用品…髪型が自由な場合もありますが、前髪あげや、シニヨンが必須な教室もあります。
☆バレエのぺったんこシニヨンの結い方はこちら☆

バレエ用ボレロ…冬でも暖房が効いたあたたかなスタジオが多いので、絶対必要ではありませんが、寒がりのお子様や始まるまで暖房のない部屋で待たないといけない場合など、前あきでシニヨンを崩さないデザインのものや、お子様が一人で脱着できるデザインのものがおすすめです。
 

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。