ハイライトとチークをパウダーで入れるかんたんバレエメイクをご紹介します。
ハイライトとチークをドーランで入れる本格舞台メイクはこちら


長年に渡り、ステージメイクに携わってきた専門メーカーです。普段の自分とは違う晴れ舞台を、美しい笑顔とメイクで彩りましょう!皆様が自信を持ってステージに臨めますように。
■プロフィール 日本舞踊や洋舞を中心に、各地の講習会や美容学校で指導活動を行っている。三善メークアップ研究所主任。  

STEP 1 お肌をきれいに整えます
肌がべたべたしているときは、洗顔したりラストローションでふき取って、お肌をスッキリきれいにしましょう。化粧下地はない方がドーランが肌と密着して化粧崩れを防ぎます。気になるときは化粧水や乳液をほんの少し塗りましょう。

ラストローション(1500円+税)

よくある質問
よく舞台メイクはきつい?と聞かれますが、こってりしていて濃くつく分、クレンジングが不十分だと吹き出物や肌荒れの原因になることがありますので、大切なのは舞台が終わった後のクレンジングです。


左:ステージクレンジング洗い流しタイプ(1200円+税)
右:ステージクレンジングふき取りタイプ(1200円+税)


STEP 2 ベースのドーラン
まずスポンジを水に濡らし、ぎゅーっと絞ります。
グリースペイントなら子供で大豆2つ分くらいを手の甲にとり、伸ばして温めてから写真のように塗布。

スティックファンデーションの場合はそのままお肌に塗り、スポンジにも塗り付けます。
(スティックファンデーションの詳しい塗り方は大人バレエメイク参照

お顔の中心から外側に向かってむらなく塗ります。

左:グリースペイント(800円+税)
右:スティックファンデーション(2000円+税)

POINT! 顔の中心はドーランが濃くついても良いですが、輪郭はべったりつけずにぼかしましょう。輪郭まで濃いとお面のような顔になってしまいます。
 
  
STEP 3 粉白粉
舞台メイクの粉白粉はとっても大切です。粉の入ったケースの中ふたを外して、パフを粉にべったりつけます。
このままお顔でパフパフしてしまうと、お部屋が真っ白になってしまうので、大量の粉が飛び散らないようにパフをよくもんで粉をパフに吸収させます。その後お顔に押さえつけるように塗っていきます。
塗り残しがないように、小鼻や目の下の細かい所までまんべんなく塗りましょう。

粉白粉(1400円+税)

汗っかきで照明で滝のような汗をかく方、グランパドドゥなど長時間ハードな踊りを踊られる方は、
粉白粉の後に→フェースケーキを塗ると汗をはじく強いメイクができるのでオススメです!
フェースケーキを使ったメイクはバレエメイク大人編をご覧ください。


STEP 4 ノーズシャドー
バレエメイクに欠かせないノーズシャドーはペンシル茶系・プラスカラーブラウン系など、茶色ならなんでもよいので、自分が塗りやすいアイテムをつかいましょう。
ペンシルをお使いの方は上の写真のように、点線を入れて指やチップでぼかします。
プラスカラーなどの茶系のアイシャドーをお使いの方は、指やチップにとり伸ばします。

POINT!
1、鼻の両サイドにまっすぐ入れる
2、ハの字に広がらない
3、中心のハイライトは指一本分


プラスカラー(1200円+税)
コンビペンシル(800円+税)





STEP 5 ダブルライン
ダブルラインとは偽装二重で、舞台メイクの醍醐味です♪上の画像をみながら、バランスよく配置します。ダブルラインは細い方が美しいのでペンシルがおすすめですが、アイシャドーと同系色のカラーペンシルや、アイシャドーを細いブラシにとって塗るのもおススメです。
次の工程のアイシャドーを塗る場所がなくなった場合、ダブルラインが下すぎたと思ってください。

STEP 6 チーク
イラストの位置にほほ紅1,2あたりのパウダーチークを入れます。
舞台で強い照明に当たってもちゃんと発色するように濃いめに入れましょう。


ほほ紅(1200円+税)

STEP 7 ハイライト
上のイラストの白の位置にプラスカラーホワイトなどのアイシャドーでハイライトを入れます。顔の小さなお子様は小さめのチークブラシなどがおすすめです。
大きくいれすぎてしますと、お顔が大きく見えるので注意しましょう。

プラスカラー(1200円+税)




STEP 8 アイシャドー
アイホール全体をプラスカラーホワイトで明るくしてから、写真の位置のダブルラインのすぐ下までアイシャドーを入れます。次のステップで塗るリキッドアイライナーをかなり幅広く塗るため、隠れてしまわないようにアイシャドーも広い面積に入れます。

1・ハイライト系の明るいアイシャドーをアイホール全体に入れる。
2・メインの色を逆Cの字のイラスト部に入れる。このときダブルラインの下を沿わせるようにいれると立体感が出ます。
3・一番濃い色を目尻の際へ入れる。同系色の濃い色でも、黒や茶系で引き締めてもどちらでもかまいません。

プラスカラー(1200円+税)
 


STEP 9 アイライナー
いきなりリキッドアイライナーを使うのは怖い人は、ペンシルアイライナーで下書きしてから塗りましょう。きれいにハネさせなくっちゃ!と思うと難しいので、慣れるまではハネさせず、まぶたに沿って一本ずつ塗ってみると、自分の目はどこまで塗ればよいのかがわかります。

時々目を開けて、ラインが見えるまで書けているか確認しますが、リキッドアイライナーが乾かないとまぶたについてしまいます。又は、まばたきをして上についてしまった所まで塗りつぶしてもOKです。

特に一重の人や奥二重の人は、上の写真のように
1・目を開けた状態で点をうつ
2・その中を塗りつぶす
ようにするとどこまで塗ればいいのか簡単です。


左:リキッドアイライナー(2000円+税)
中央:ステージライナー(700円+税)
右:アイライナーペンシル(800円+税)

目を開けた時にラインがちゃんと出るようになったら、バランスを見て目尻をハネさせましょう。
自分で書くのが難しい人は、ハネだけ他の人にお願いしたり、バランスを見てもらいましょう。


STEP 10 アイブロウ
お子様は普段まゆを整えていないので、とっても難しいですが、自眉を無視して正しい位置に書きます。
眉尻は、下の写真を参考に小鼻と目尻をむすんだラインまで長く書きます。
眉を書くとき眉頭から書きがちですが、しっぽから書くとバランスよく書けます。

1・小鼻と目尻を結んだナナメの線上に眉尻を決めて
印をつける
2・外側のしろ目の位置に一番高い眉山を作る
3・それらを繋げるように書くと眉が苦手な方もバランスよく書けます


またペンシルだけで書くのが難しい時は、アイブロウブラシが助けてくれます。
眉もノーズシャドーもダブルラインもぼかせる優れもので、一本あると大変便利です。
アーティストブラシ1BMがおすすめです。

左:コンビペンシル(800円+税)
右:アーティストブラシ1BM(2200円+税)



お子様の余分なまゆ毛を消すテクニック!
モデルさんのようにまゆ毛が濃いお子様は、発表会の前に剃るのが一番ですが、剃りたくない場合は「ビューティーカバーペンシル」というドーランと同じ色の太いペンシルで、余分な毛を軽く塗ると消えたよう目立たなくなります!
グリースペイント23P/24Pをお使いの場合ビューティーカバーペンシルC−2がちょうど良いです。


あら不思議!毛が消えちゃった!毛だけ逆立てるように塗ります。地肌にぬらないのがポイントです。

ビューティーカバーペンシル(800円+税)

STEP 11 リップ

シャレナ カラーリップ(1000円+税)

バレエメイクおすすめカラーはRD-1とRD-2です。
リップを塗ったら完成です!お疲れ様でした。

初めての舞台メイクで分からないことは、059-253-4366までお気軽にお問合せ下さい。
お母さま対象の出張メイク講習会や、店舗での講習会も行っております。詳しくは下記をご覧ください。




ファンデーションの使い方、商品のお色などなど、わからないことは
059-253-4366 までお気軽にお問合せ下さい!

当店は三重県津市にございますが、三重県内、三重県津市から100キロくらいの範囲の愛知県、滋賀県、奈良県、京都府、大阪府など出張メイク講習会もできます!よさこいメイクのモデルの当店店長が講師として伺います♪(注意※監修メーカー講師の山本先生ではありません!)予算は県内なら交通費込みで一人500円〜。その他県外は場所により応相談で、最低10人〜20人ほど集めていただいて一人1000円〜。人数や購入化粧品の量で費用が変わります。店舗に来れる方は当店店舗でもメイク講習会を行えます。お電話お待ちしています!

バレエショップマアナ
〒514-0003 三重県津市桜橋3-446 イオン津ショッピングセンター1階(新しくできたイオンモール津南ではございません)