長年に渡り、ステージメイクに携わってきた専門メーカーです。普段の自分とは違う晴れ舞台を、美しい笑顔とメイクで彩りましょう!皆様が自信を持ってステージに臨めますように。
■プロフィール 日本舞踊や洋舞を中心に、各地の講習会や美容学校で指導活動を行っている。三善メークアップ研究所主任。
 
STEP 1 お肌をきれいに整えます

お肌をきれいな状態に整えます。
この時、日焼け止めを塗るときはお肌が吸う分だけ適量を塗布し、
BBクリームなどはドーランと相性が悪いのでなるべく使わないでください。

よくある質問
よく舞台メイクはきつい?と勘違いしている人がいますが、敏感肌の人は別として普通の化粧品と変わりません。
こってりしていて濃くつく分、クレンジングが不十分だと吹き出物や肌荒れの原因になることがありますので、大切なのは終わった後のクレンジングです。

 
左:ステージクレンジング ふき取りタイプ(1200円+税)
右:ステージクレンジング 洗い流しタイプ(1200円+税)

STEP 2 ベースのドーラン

伸ばすスポンジは水に湿らせ、ティッシュで余分な水分を吸収させます。
写真の図のように、スティックファンデーションを直接肌に塗りつけます。
スポンジにもスティックファンデーションを塗りつけてから図の方向に向かって伸ばします。
モデル使用色はTD−4です。

グリースペイントの場合は、大豆2個分位を手の甲にとり、スポンジで練ってから同様に行ってください。ドーランは手の熱で温めると伸びが良くなります。

  
左:スティックファンデーション(2000円+税)
右:グリースペイント(800円+税)
 

STEP 3 粉白粉
化粧崩れを防ぐために、ティースプーン1杯分ぐらいの粉をパフにしっかり揉み込み、おさえるようにつけます。
三善の粉白粉は汗を吸収し、次につけるフェースケーキやツーウェイケーキとのつなぎにもなります。


粉白粉(1400円+税)

STEP 4 汗に強いフェースケーキ
※汗をあまりかかかない、化粧崩れしない方は飛ばして下さい


フェースケーキやツーウェイケーキを必ず水を含ませて軽く絞ったスポンジで、顔全体に塗ります。
油性ファンデーションの上に水性ファンデーションを重ねることにより、汗に強いメイクができます。
モデル使用はツーウェイケーキの06です。フェースケーキならCR−3がおすすめです。


 
左:ツーウェイケーキ(2500円+税)
右:フェースケーキ 大(2200円+税)
 

STEP 5 ハイライトとチーク


プラスカラーホワイトや白系のアイシャドーでイラストの白い部分にブラシでハイライトを入れます。
そのあと、ピンクの部分にチークを入れます。

 
左:プラスカラー(1200円+税)
右:ほほ紅(1200円+税)

STEP 6 アイシャドー


まぶた全体に載せたい色のシャドーをアイホール全体に写真のように入れます。
モデルはプチカラー・7を使用しています。

次に濃い色のシャドーを写真のように逆Cの字に入れます。

この時ダブルライン(上の線)の位置は眼球と目の上の骨の堺です。ダブルラインをいれる入れることで目元が立体的に引き立ちます。目を開いた状態のモデル写真も参考にしてください。

さらにもう一段階濃い色で目に際と下まぶたにも黒目の下まで入れると目元が引き締まりますが、ダブルラインと同じ色でも十分です。

  
左:プラスカラー(1200円+税)
中央:シャレナ ポップカラー(1200円+税)
右:プチカラー(800円+税)
 

STEP 7 アイライン

ステージライナー・ブラックで目を開いたとき見える幅まで一気に引きましょう。
アイラインが苦手な方はステージライナーよりシャレナアイライナーの方が毛先が細くこしがあって塗りやすいですが、濃さでは劣ります。モデルはステージライナーを使っています。

 
左:ステージライナー(700円+税)
右:シャレナ リキッドアイライナー(2000円+税)
STEP 8 アイブロー

眉は小鼻と目尻を結んだラインまで長く書きます。
いち一番高い眉山はは外側の白目の位置にもってくるとバランスよく書けます
眉はとっても難しいので、専用ブラシがあると苦手な人でも上手に書けます。アーティストブラシ1BMがおすすめです。

 
左:コンビペンシル(800円+税)
右:アーティストブラシ1BM(2200円+税)

リップを塗れば完成です!お疲れ様でした。
 
左:シャレナ カラーリップ(1000円+税)
右:シャレナ カラーリップパレット(5000円+税)




バレエショップマアナ
〒514-0003 三重県津市桜橋3-446 イオン津ショッピングセンター1階(新しくできたイオンモール津南ではございません)