炎天下の演舞に負けない汗に強くて美しいメイクを提案します!


屋外の演舞で日焼け止めを塗りたい人は、適量(肌が吸う分だけ)を塗ってください。ベースとしてのBBクリームなどはすべりやすくドーランとの相性が良くないので、できるだけ使用しないで下さい。シミなどが気になる方は次のSTEPでコンシーラーを使用して下さい。

重要:男性やお子様にメイクする時、すでに汗をかいていたり、べたべたしている場合はせっけんで洗顔するか、ラストローションなどでふきとって下さい。ドーランの持ちがぜんぜん違います。


ラストローション(1500円+税)
  

くすみ、シミなどが気になる方はコンシーラーで補正してください。
お悩み別使用カラーは商品ページをご覧ください。


シャレナカバーファンデーションアソート(1500円+税)


STEP2でコンシーラーを使用したひとは、ここで粉白粉を塗って定着させましょう。
コンシーラーを使用しなかった人は飛ばして下さい。

粉白粉(1400円+税)

重要:男性やお子様のドーランペイントがどろどろに落ちるのはファンデーションを塗っていないからです。STEP1ですっきりさせてから、フェースケーキを塗ってくだ下さい。


簡単に汗に超強いメイクをしたい人、男性は
フェースケーキ!
フェースケーキミニ(1800円+税)

チームで使うのに便利な大もあります。たぶん30人分はいけると思います。たぶん…
フェースケーキ大(2200円+税)

フェースケーキの使い方
スポンジを水にたっぷりひたし、ぎゅっと絞り、ケーキをとります。ケーキの表面が濡れて色が変わるぐらいが適量です。
スポンジにもちゃんとファンデーションの色がついたのを確認し、お顔の中央から外に向かって一気に塗ってください。
手早く塗らないとムラになります。水が減ってきたらその都度スポンジを水にひたして下さい。
ケーキはお習字の固形墨みたいなもので、水がないとつきません。

チームで多数に塗っていく場合は、安いスポンジだとボロボロになってきてお顔にもファンデーションの中にもスポンジの粉がついて面倒なので、三善のスポンジだとかなり長持ちします。


簡単に補正+汗に強くしたい方は
ステージファンデーションプロ!

ステージファンデーションプロの使い方
スポンジに水をひたしぎゅっと絞り湿っている程度で使用します。女性用のクリームファンデーションと同じ感じと思ってください。スポンジにファンデーションをとり、お顔の中心から外に向かって伸ばして下さい。スポンジの水が減ってかさかさしてきたら、また補充してください。この後フェイスペイントをするときは、粉白粉などでおさえて下さい。


ファンデ2個使いになってもいいからキレイ+汗に強いを両方叶えたい人!

スティックファンデーションフェースケーキでキレイと汗に強いを両方叶えられます。Wのファンデーション使いで、コンシーラーなしでも気にならないくらいきれいになります。
社交ダンスメイク、フラダンスメイク、バレエメイクの本格舞台メイクのページで詳しく説明していますので参考にして下さい。店舗のお客様でも30代〜60代の女性チーム様は皆さんスティックファンデーション+フェースケーキの最強舞台メイクで演舞されています。

重要:この時よさこいのお客様は
スティックファンデーションのお色
色白の方→TD−3 
普通肌~日焼け肌の方→TD−4
フェースケーキの色をどんな肌でも→CR−3
に置き換えてご使用下さい。



画像の白い位置にプラスカラー/ホワイトなどでハイライトを入れます。必要ない人は飛ばして下さい。

プラスカラー(1200円+税)





今回チークは日本舞踊のチークのように、画像の位置にほほ紅2をブラシにとりふんわり入れました!
和化粧感が出てとてもかっこよくなります。

ほほ紅(1200円+税)



今回は日本舞踊のようにめはりを入れてみました。普通のアイシャドーの入れ方は新体操メイクのページなどで詳しく説明しています。
ほほ紅3で写真のように赤アイシャドーを入れます(下の写真で一番薄い赤のところです)。その上にステージライナー・レッドでラインを太めに入れます。赤ラインが完全に乾いたら、目の際にステージライナー・ブラックでラインを引きます。

ステージライナーブラックはこちら(700円+税)
ステージライナーレッドはこちら(800円+税)





はじめ塗ったほほ紅3と赤ラインをつなぐように写真のように塗りつぶします。
赤ラインが完全に乾いたら、目を開いて写真のように下にもラインを入れましょう。
アイブロウは、浮世絵ペンシル・ふか茶で直線的に眉を書いた後、ほほ紅3を塗って色を整えます。



思いっきりペイントしましょう!

べたべたするけどやわらかく書きやすく色が豊富なのは
・クラウンカラー
・ライニングカラー

ドーランです。紅筆で塗るとペイントしやすいです。色別に筆があった方がいいです。ドーランは絵の具と一緒なので色が混じると色が変わります(赤を塗った筆で青を塗ると紫に!)乾かないのが難点ですが、ベースに男性もファンデーションと粉を塗ることで持ちが断然アップします。ペイントの上に粉で抑える裏技もありますが、パフが一人一個必要です。パフにべったり粉を取りペイントの上に押し付けてください。余分な粉をブラシで払います。少しペイントの色が白っぽくなってしまいますが、流れません。

三善のリキッドアイライナーは乾くので赤/白/黒/茶で乾いた方がいい人は
・ステージライナー
真夏の屋外での演舞では子供も男性もファンデーションを塗って粉で抑えた肌に塗って下さい。





シャレナカラーリップRD-2をリップブラシで塗ります。リップライナーペンシルを使うと、くちびるの輪郭がにじみにくくなります。
 
左:シャレナ カラーリップ(1000円+税)
右:リップライナーペンシル(800円+税)
モデル使用アイラッシュは121です。紫の毛とシルバーの毛がよさこいにぴったりです。

アイラッシュ(1200円+税)






バレエショップマアナ
〒514-0003 三重県津市桜橋3-446 イオン津ショッピングセンター1階(新しくできたイオンモール津南ではございません)